退職金未払い請求訴訟 清掃員の女性全面勝訴

台中市で清掃員として約20年勤めた女性が、退職時に会社から退職金を得られなかったとして会社を訴えていた件で、台中地方法院はこのたび女性の訴えを全面的に認め、会社に全額を給付するよう命じた。
女性は1997年から2016年まで勤務。当初勤めた会社は09年に業態と社名を変更したが、全職員が引き続き勤務していた。会社側は09年から16年の勤務として退職金を給付しないとしていたが、台中地方法院は雇用主が同一であるとして会社側の主張を退けた。
女性が請求した退職金額は114万元に加え、給与額の未申告分4万元、さらに特別休暇の未取得86日分を換算し計130万元余り。
(10月22日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市北投区に住む男性が3月21日(土)北京から入境した際、提出した書類に虚偽の電話番号や住所を記載…
  2. 丁寧なカウンセリングで安心の眉毛アートメイク昨今流行りの眉毛のアート…
  3. 本格NYスタイルピザ南京復興駅に隣接した「Urban One百貨」4階に昨年末オープ…
PAGE TOP