西門町の名物ビル 地元民離れ空き物件

台北市萬華区の商業ビル「萬年商業大樓」に近頃、空き物件が増加している。

同ビルは西門町の中心に位置し、かつてはこのエリアのランドマークとして知られ、若者を中心に大いに賑わっていた。しかしながら近年は海外からの観光客が増加、路面は観光客向けの店舗に一新。ビル内部まで入って来る人も激減し、昨年は4万元だった家賃も3万元に下げられたが、それでも退去する店舗が後を絶たないという。

(7月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新北市樹林区の派出所に勤務する21歳の男性警官が、8月2日(日)午前0時頃、無免許運転のバイクにはね…
  2. 中央流行感染症指揮センターは8月5日(水)の会見で、日本を「中低感染リスク国家」リストから除外。同時…
  3. こだわりの窯焼きピッツァ敦化南路はシャングリラホテルの裏手に、異国のレストランが集ま…
PAGE TOP