蘭嶼の先住民・タオ族 核廃棄物移設訴え行動

 

「台湾原住民の日」に当たる8月1日(火)、台東縣に属する島・蘭嶼に住む青年グループが、核廃棄物貯蔵施設前にて移設を訴える運動を行った。

蘭嶼は台湾先住民族であるタオ族4000人が暮らす島。同施設は1982年に台湾電力が設置、96年に住民の反対運動が起きて以来放射性廃棄物の搬入は停止された。青年らは「移設の時期を明確に」、「うやむやにはさせない」などの主張とともに、政府の謝罪を拒否した。

(8月1日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 南投縣仁愛鄉法治村の武界溪ダムで9月13日(日)早朝4時頃、突然の放水により下流でキャンプをしていた…
  2. 料理を美味しく見せるには! ズバリ食器の色にも関係があります。特に和食では、一種類ずつ小皿に…
  3. 財政部関務署によると、今年の元旦から9月14日(月)までに押収した「メイド・イン台湾(MIT)」偽装…
PAGE TOP