米シェアバイク撤退 進出からわずか1年

昨年8月台湾に進出したアメリカのバイクシェアリング「V BIKES」が、わずか1年で台湾市場を撤退することを決めた。

「V BIKES」はスタンド不要、スマホアプリで貸出・返却を行うサービスで、宜蘭に180台、高雄に100台を展開。しかしながら「You Bike」に加え昨年4月参入したシンガポールの「o Bike」との競争に敗れたものとみられ、6月までに全車を回収する。

(4月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台湾に住む男性が、近頃アメリカのネットショッピングで購入したマスク500個の製造地が「中国湖北」と書…
  2. 航空警察局は税関と共同でマスクの違法輸出取り締まりを実施。1月28日(火)~2月16日(日)の間に合…
  3. アメリカの「第92回アカデミー賞」で監督賞・作品賞など4部門をさらった韓国映画「パラサイト 半地下の…
PAGE TOP