求む「事故物件」 凄惨な事件でもOK

台北市内の賃貸物件情報を交換するSNS上のページにて、近頃ある男性が「事故物件」の情報を求めた。

男性の条件は「新北市の郊外以外ならどこでもOK」「犬を3匹飼っているのでペット可の物件」「デポジットなし」の3つのみ。そのほかは「壁を塗り直していれば、どんな凄惨な事件現場でも構わない」「重要なのは賃料」とした。

そのほかできれば20坪以上が望ましいとし、家具もいらない、戸籍登録や賃貸補助申請も行わないという。さらにもし住んでみて快適であれば1年以上の長期契約も可能とした。

コメント欄には「なんて勇敢」「幼い頃から幽霊に親しんでいるのかも」といった声が寄せられた。

(5月31日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 長期に渡り国外に滞在している国民が、少額の健康保険料のみを支払い医療サービスを受けている件について、…
  2. 頭から足までスッキリ仕事から直行もOK台北駅から徒歩圏内でアクセス抜…
  3. 高雄市林園区に住む40歳代の女性が中国から帰国後、自宅隔離期間中の9月21日(月)に遺体で見つかった…
PAGE TOP