日本からの訪台客減少 観光局、優待策で誘致

 

台湾行政院政治委員会及び観光委員会はこの度、2020年の日本からの訪台旅客数を250万人台湾からの訪日客数と合わせ700万人とする目標を公示。

観光局長は今年、来台日本人観光客目標数をのべ200万人に設定していたが、1~8月までで計119万3680人と伸び悩んでおり、達成が見込めないことに言及。これを受け、同局は11月28日(火)より日本人観光客を対象とした優待策を発表した。これは3人以上で台湾に3泊以上滞在する場合、1人につき日本円で3000円を支給するというもの。期間は翌年2月18日まで。また同時に、200万人目に該当する旅客には旅費及びホテルなどを無償提供する。

(10月18日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP