新千歳から台湾旅客帰国 921彷彿とさせる恐怖

北海道・新千歳空港にて9月8日(土)、国際線の運航が再開。地震発生後足止め状態となっていた台湾人を含む外国人旅客ら約1600人は、空港で夜を明かし、航空券を入手するためチェックインカウンターに長い列をつくった。

エバー航空BR165便は310人を乗せ台北桃園空港へ着陸。無事降機した旅客らは安堵の表情を浮かべた。ある台湾人女性は「921大地震を思い出した」と地震発生時の恐怖を語った。女性の宿泊したホテルでは延泊を無料とし、水や食料も無償で提供、航空券もすぐに入手できたため帰国は1日遅れたのみ。

観光局によると、北海道を訪れていたツアーは41団体、旅行客は1261人。935人が参加する27団体が旅程をキャンセルしたという。また21号台風の影響で一部閉鎖中の関西国際空港では980人30団体が取り残され、1375人55団体が訪日をキャンセルした。

(9月11日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  2. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターが3月19日(木)より外国人の入境を禁じたことを受け、桃園空港では同日早…
PAGE TOP