提出書類に虚偽情報を記載 検疫・隔離違反者の氏名公開

台北市北投区に住む男性が3月21日(土)北京から入境した際、提出した書類に虚偽の電話番号や住所を記載していたことがわかった。黃珊珊副市長は24日(火)、男性の名前「陳冊」を公開し、情報の提供を広く呼び掛け、同日夜、中正区南陽街のネットカフェで当該の男性を発見したことを明らかにした。副市長は虚偽情報の記載について、空港でなぜ身分証との照合などを行わなかったかに疑問を呈した。

統計データによると、台北市の自宅検疫対象者数は24日(火)時点で9212人で、自宅隔離は472人。うち73人が外出するなど、規定違反で処罰されている。

武漢市が4月8日(水)にも全市封鎖を解除することから、それ以降に台湾へ戻る人への管理対応にも苦戦を強いられるものとみられる。副市長は違反者の氏名など情報を公開したうえで早急な対応を図るよう求めている。

(3月25日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ネットインフルエンサーの「晚安小鶏」ほか1名がカンボジアで犯罪被害の自作自演動画を撮影し拡散させた件…
  2. 問台湾のカフェを巡るのが大好きなのですが、コーヒーを漢字で書くと日本では「珈琲」、台湾では「咖啡」…
  3. 昨年8月、新竹市に住む男宛てに、タイから大麻の苗が郵便で届いた件で、新竹地方法院はこの度、第二級麻薬…
PAGE TOP