平均寿命ランキング 台湾80・7歳で8位

台湾内政部は9月11日(水)、最新の「簡易生命表」を公布。これによると、昨年の台湾における平均寿命は80・7歳で、うち男性が77・5歳、女性は84歳だったことがわかった。
内政部によると、医療水準や食品の安全衛生基準などの上昇により、台湾人の平均寿命も上昇傾向にある。過去10年間で比較すると、2008年の平均寿命が78・6歳だったのに対し、昨年はおよそ2歳の伸び。
世界的に見ると、長寿国はスイスや日本、シンガポールが上位を占めているが、2015年のデータでは台湾人の平均寿命は世界へ員より男性が8・4歳、女性が10・5歳も上回っている。
(9月11日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市萬華区で1月6日(月)、マレーシア籍の華人の女性が隣人の男に殺害された件で、検察は14日(…
  2. 稀少な日本酒との一期一会忠孝敦化駅から徒歩5分、仁愛圓環すぐ脇の和食ビストロ「MURA Bi…
  3. 1 蔡英文総統の当選にアメリカ下院議長から祝福の声  2 プ…
PAGE TOP