子宮破裂で嬰児死亡 診療所は説明なし

新北市蘆洲区の産科診療所で9月24日(火)、34歳の妊婦が分娩中に子宮破裂を起こし、女性と生まれたばかりの男児がそれぞれ危篤状態で病院に搬送、まもなく男児が死亡し女性は集中治療室で重篤な状態にあることがわかった。
女性は同日正午頃陣痛が始まり、診療所を訪れ検査で問題なしと診断され分娩に移った。しかしながらまもなく子宮が破裂、大量に出血し危篤状態に陥った。
病院に搬送後、女性の夫は診療所を訪れ医師に説明を求めたが診療所側がこれに応じず、男性の友人ら約100人は診療所前で抗議行動を展開。担当医師は自身のFacebook上で弁解と謝罪の旨を投稿している。
(9月25日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの流行を受け国内外でマスクの供給が不足している中、台湾大学環境職業健康科学所・陳志…
  2. コロナウイルスの影響で孤立状態にある武漢市への応援ムービー「讓世界充滿愛」が、ドイツの学生らによって…
  3. 台湾時間2月10日(月)9時からアメリカロサンゼルスで行われた「第92回アカデミー賞」受賞式で、過去…
PAGE TOP