姦通罪違憲判決にNO 出会いサイト会員急増

最高裁長官が5月29日(金)、「姦通罪」を違憲と判断したのを受け、台湾民意基金会は6月22日(月)、これに関するアンケート調査結果を発表。これによると20歳以上の11.4%が「非常に受け入れられる」、21.5%が「受け入れられる」と回答したのに対し、25.2%が「受け入れられない」、35%が「まったく受け入れられない」と答えていたことがわかった。

調査は電話を通じ、20歳以上の1074人を対象に実施。同基金会の游盈隆・董事長はおよそ6割がこの決定に否定的であるとして「立憲と民主の衝突」と表現した。

なおカナダの既婚者向け出会い系サイト「アシュレイ・マディソン」にて、近頃台湾人の会員数が急増。主宰側によると多くが女性だという。

(6月22日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 嘉義市内のドリンク店で、オーダーがキャンセルされた紅茶200杯を、近隣の店舗らが協力し完売するという…
  2. 歌手の詹雅雯が9月12日(土)に台北小巨蛋で開催したコンサートに、衛生福利部の陳時中部長がゲストで登…
  3. 中山医学大学付属病院の謝宗學・主任医師は9月14日(火)、自身のFacebookページに「政府は知育…
PAGE TOP