夫の不倫相手に物申す 新聞広告で妻が反撃

地元新聞「聯合報」に、9月11日(水)、夫の不倫相手を糾弾する広告が掲載され、物議を醸している。
広告が掲載されたのは、聯合報の一面下方にある広告欄。掲載を依頼したのは不倫をしている男性の妻とみられる。
広告には男女の写真とともに、女性の名前と電話番号の一部が記されていたほか、「別れてくれませんか?」、「あなたはまだ若いのだから、よりよい未来があるはず」、「あなたのために家庭を失いたくない、あなたが私の立場なら理解できるはず」と不倫相手の女性を糾弾する文章が書き連ねられていた。
また最後には「明日に続く」と書かれており、ネット上では「明日の聯合報は売り切れだ」といったコメントが寄せられている。
(9月11日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. コロナウイルスの影響で孤立状態にある武漢市への応援ムービー「讓世界充滿愛」が、ドイツの学生らによって…
  2. 台湾時間2月10日(月)9時からアメリカロサンゼルスで行われた「第92回アカデミー賞」受賞式で、過去…
  3. 近頃「マスクの次はトイレットペーパーが品薄になる」との噂が拡散し、トイレットペーパーの買い占めが起き…
PAGE TOP