台鐵車内で刺殺事件が発生 鉄道警察の男性刺され死亡

台湾鉄道車内で、7月3日(水)夜、鉄道警察の男性が乗客の男にナイフで刺殺されるという事件が発生した。
事件があったのは台北を終点とする北向きの自強號で、嘉義駅に到着する直前の出来事だった。男は台南駅から乗車、切符を持っておらず車掌に対し嘉義駅で購入すると約束。しかしながら別の車両へ逃げようとしたため鉄道警察の男性が出動すると、男は激高しナイフで男性の腹部を刺した。
男はほかの乗客や乗務員らによって現場で取り押さえられたが、男性の傷は内臓まで達しており、医療機関に搬送されたものの翌朝出血性ショックなどで亡くなった。
(7月4日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  2. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターが3月19日(木)より外国人の入境を禁じたことを受け、桃園空港では同日早…
PAGE TOP