台北駅ホール座り込み禁止 交通部長「段階的に開放」へ

新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に台北駅が2月末より駅内のホールに座り込むことを禁止していた件で、台湾鉄道はメディアに対し、状況が緩和されても恒久的に開放しない方針を示した。これに対し林佳龍・交通部長は5月18日(月)、自身のFacebookページにて「公共空間の役割を景観のみで決めるべきではない」とし、中央流行疫病情況指揮センターと協議のうえ段階的に開放するよう台鉄に指示していることを明かした。

台北駅ホールはかねてより、週末や祝日になると主に東南アジア圏からの移民労働者が集う憩いの場となっている。これについては景観を損ねるといった意見もみられるが、林交通部長は台中での勤務時、移民労働者の助けを得て公共スペースの整備工事などを行ったことなどを挙げ「自らの同胞が海外でどういった待遇を受けるのが望ましいか、それと同様に彼らに接してほしい」と呼びかけている。

(5月19日)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた南港区のコンサートホール「台北流行音楽センター」が、9月5…
  2. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  3. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
PAGE TOP