台北ユニバマスコット失業 選手村は公団住宅に変貌

 

8月19日(日)~30日(水)の会期で行われた「台北ユニバーシアード2017」の閉幕に伴い、同大会の公式マスコット「熊讃ブラボー」が失業。9月1日(金)にはFacebookページにて「就業服務處に登録してきた」と投稿、再就職先を探していることを明らかにした。

同マスコットは大会の1年ほど前に誕生。以来公式グッズやポスターなども相次いで発表された。松山区の菓子店「募東方」では「熊讃ブラボー」とコラボしたパイナップルケーキを発売するなど、台湾らしいお土産品にも貢献した。

また国外の選手団1万2000人を受け入れた林口の「選手村」は、来年にも公団住宅として再生することがわかった。管轄業者によると、物件は4つの区域に跨る34棟からなり、店舗物件を含め計3048戸を有する。将来的に販売はせず、賃貸物件として中低所得者層に貸し出すという。

(9月6日)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 苗栗縣竹南鎮に住む女性が、近頃ネットでマスクを購入したところ、マスクではなく古紙や段ボールなどゴミが…
  2. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  3. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
PAGE TOP