古き良き屋台のラッパ音 フランス人が楽曲に転用

 

台湾に住むフランス人ソングライターの男性が、近頃台湾の街角でアイスクリームを販売する屋台のラッパをサンプリングした楽曲をネット上で発表し、注目を集めている。

この男性は台湾に居住して4年。台北MRTなど街中にあふれる音をサンプリングし、楽曲に採用してきたという。

今回彼が採用したのは、1950年代から続く伝統的なアイスクリーム屋台のラッパ音。

この音を「叭噗叭噗(バブバブ)」と表現し「Touch my 叭噗叭噗」など歌詞にも生かしている。曲調はエレクトロ/テクノで、若者を中心に人気を集めている。

(11月22日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  2. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
  3. 台湾政府が推し進めるクーポン「振興券」のネット予約が7月1日(水)、スタート。同日10時半までに予約…
PAGE TOP