動画に釘付けの2歳児 タブレット手に迷子

高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ、道に迷った末警察官に保護されるという出来事があった。
女児を保護した警察官によると、女児は動画を見たまま自宅を出、途中で道に迷ったことに気がつき路上で泣いていたという。泣きながらも女児はタブレットを放さず、両目は画面に釘付け状態。言葉もうまく話せなかったため、警察官はタブレット上のアプリで女児の母親に連絡した。
母親が派出所から連れて帰る際も、女児はタブレットから目を離さなかったという。
(7月9日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた南港区のコンサートホール「台北流行音楽センター」が、9月5…
  2. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  3. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
PAGE TOP