八大業種の営業再開を陳情 労働者らが台中市長を批判

COVID-19の感染拡大による影響でスナックやキャバレーなど8業種が営業停止対象となった件で、5月20日(水)、これらの企業に従事する労働者らが盧秀燕・台中市長への陳情行動を行った。

陳情に出向いたのはスナックなどに勤める女性らを含めおよそ20名。営業が再開されなければ、広報や警備、調理師を含む1000名の生活に影響が出るとして早期解決を要請した。

COVID-19の感染拡大を受け、3月下旬にこれら8業種の営業停止命令が下された。しかし近頃台北や台南、高雄などで立て続けに条件付きでの営業再開が認可された一方、台中市では未だ予定も不明。陳情行動の参加者らは、市長がこれら8業種に対し偏見を持っており、不公平な対応だとして厳しく批判した。なお台北市でも15日(金)、同業種に従事する労働者300名が娯楽業労働組合の会見の場で陳情し、再開に向けた方策の遅延を批判した。

市政府経済発展局長はこれに対し、生活困窮者には別途救援策を利用するよう呼び掛けている。

(5月20日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP