交通規定違反を撤回 臨機応変な対応

桃園市内で6月26日(水)、二重白線を越え進路転換をしたとして交通法違反で処罰された男性が、裁判官により免責に当たるとして処罰が撤回されるという出来事があった。
男性は同日市内国際路を走行中、左端の車線で渋滞に遭遇。ところが右側の車線が空いたため二重白線を越えて車線を変更した。
裁判官は、救急車の通過時に赤信号無視など臨機応変な対応の一環と説明している。
(6月26日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた南港区のコンサートホール「台北流行音楽センター」が、9月5…
  2. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  3. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
PAGE TOP