【トリビア~ン台湾】Vol.77 雙連駅の青空マーケット

 

昨日、MRT雙連駅を出たところの青空マーケットの店主さんたちが集まって、怒っているのを見ました。何があったんでしょう?

 

 

雙連朝市の経営者による抗議行動ですね。この場所を「線形緑地公園」に改造する計画が持ち上がり、現在のマーケットの立ち退きを要求したようです。

 

<解説>

  中山北路二段付近には、公設の中山市場や晴光市場もありますが、露天の市場としては雙連市場が唯一のものだと思います。青空の下、野菜もフルーツもきらきら輝いて見えますよね。魚屋の隣に婦人服や、精肉の隣に日用雑貨、八百屋の隣に下着屋など混沌としていますが、それも伝統市場らしい趣きがあります。もしこの青空市場がなくなったら、台湾の伝統文化がまたひとつ失われてしまうように思います。

「雙連を助けて」「生きていかなきゃいけない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市議会の游淑慧・市議が10月5日(火)、近頃台湾で人気を呼んでいる韓国ドラマ「イカ…
  2.  近頃ネット上の掲示板で「最も立地選択を誤った高鐵(新幹線)駅」についての質問が投稿され、多…
  3.  中央流行感染症指揮センターは10月6日(水)、先日新型コロナウ…
PAGE TOP