世界競争力レポート発表 台湾は15位、1位はスイス

 

スイス・コロニーに本部を置く「世界経済フォーラム」は9月27日(水)、「世界競争力レポート」2017年版を発表。137カ国中、台湾は昨年より順位を1つ下げ、15位にランクインした。

9年連続で1位を獲得したスイスでは、インフラや教育面での整備が進む。アジアからはシンガポールが3位、香港が6位、日本が9位。韓国と中国はそれぞれ26位と27位だった。

またホテル価格比較サイト「ホテル・コンバインド」は近頃、「月の鑑賞スポット5」を公表。中国の西湖、日本の嵐山、チリのアタカマ砂漠・月の谷に並び、台湾の101が選ばれた。

(9月27日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの流行を受け国内外でマスクの供給が不足している中、台湾大学環境職業健康科学所・陳志…
  2. コロナウイルスの影響で孤立状態にある武漢市への応援ムービー「讓世界充滿愛」が、ドイツの学生らによって…
  3. 台湾時間2月10日(月)9時からアメリカロサンゼルスで行われた「第92回アカデミー賞」受賞式で、過去…
PAGE TOP