レストランでぼったくり 15人で3万5千元の会計

近頃Facebookページ「爆料公社」にて、台北市内のレストランが日本人旅行客に対し「ぼったくり行為」を働いたとの投稿があった。
投稿者によると自身を含む日本人15人が台北市内のレストランを訪れた際、メニューが読めないことから店員が適当な分量だとして代理でオーダーしたところ、3万5920元の会計額を要求されたという。メニューには金額が書かれていなかったが、伝票にはアワビなど高級食材を使用した1人分が3000〜5000元にものぼる料理や、ミネラルウォーターが2本で1000元など高額が並んだ。
投稿者のクレームに対し店員は1000元の返金を申し出たという。
(6月18日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 先週のニュース トップ51 ショウ・ルオ 破局の恋人へ綴る7000字の手紙公開&nb…
  2. 新北市三重区に住む男性が5月11日(月)、foodpandaでオーダーしたものがなかなか届かず配送員…
  3. 新型コロナウイルスの国内新規感染者が出ていない状況を受け、賴峰偉・澎湖縣長は5月11日(月)、サウナ…
PAGE TOP