レストランでぼったくり 15人で3万5千元の会計

近頃Facebookページ「爆料公社」にて、台北市内のレストランが日本人旅行客に対し「ぼったくり行為」を働いたとの投稿があった。
投稿者によると自身を含む日本人15人が台北市内のレストランを訪れた際、メニューが読めないことから店員が適当な分量だとして代理でオーダーしたところ、3万5920元の会計額を要求されたという。メニューには金額が書かれていなかったが、伝票にはアワビなど高級食材を使用した1人分が3000〜5000元にものぼる料理や、ミネラルウォーターが2本で1000元など高額が並んだ。
投稿者のクレームに対し店員は1000元の返金を申し出たという。
(6月18日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 韓國瑜・高雄市長が5月19日(水)、市議からの質問に対し「高雄ディズニーランド」の実現は困難として政…
  2. 彰化縣に住む男性が昨年5月、PV数を獲得するため個人宅に侵入し葬礼の儀式「送肉粽」を生中継した件で、…
  3. COVID-19の感染拡大による影響でスナックやキャバレーなど8業種が営業停止対象となった件で、5月…
PAGE TOP