ライブ配信オークション 高校1年生が月100万元稼ぐ

 

台湾では近頃、Facebookなどのインターネットを通じたライブ配信オークションが流行。高校1年生の男子が翡翠など宝飾品を販売し、1カ月当たり数百万元の収入を得て話題となっている。

この男子は現在16歳。小学校での成績は優秀だったものの、中学校に上がってからはテレビゲームに没頭して成績が急落。家族とのもめ事も増えストレスを抱え日々を過ごしていた。しかしある日、父親の友人の事業計画書を見て起業に対する関心が高まり、自ら計画書を書いてみた。家業がそもそも宝飾品の販売を営んでいたが景気は好ましくなく、方法を探していたところライブ配信オークションに出会ったという。オークションを始めてからは、充実感を得られるようになり、今後は「助けが必要な人の力になりたい」と話している。

(6月19日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP