マスクの転売は違法 台南市、市民へ注意喚起

黃偉哲・台南市長は6月9日(火)、医療用マスクは医療器材に属し、資格を有しない者による販売は薬事法違反に該当するとして、市民へ注意を喚起した。

薬事法第27條では無資格者の医療用マスク販売を認めておらず、ネットでの販売にも申請と許可を要する。衛生局では、実名制により購入したマスクは医療用品として転売を禁じており、違反した場合3万~200万元の罰金が科されることを強調している。

(6月9日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 嘉義市内のドリンク店で、オーダーがキャンセルされた紅茶200杯を、近隣の店舗らが協力し完売するという…
  2. 歌手の詹雅雯が9月12日(土)に台北小巨蛋で開催したコンサートに、衛生福利部の陳時中部長がゲストで登…
  3. 中山医学大学付属病院の謝宗學・主任医師は9月14日(火)、自身のFacebookページに「政府は知育…
PAGE TOP