フランス製粉ミルクの汚染 サルモネラ菌検出で回収へ

 

フランスの大手乳製品企業「Lactalisラクタリス」は12月11日(月)、同社の生産する粉ミルクにサルモネラ菌汚染の疑いがあるとして、台湾を含む輸出先の諸外国へ製品回収を緊急指示した。

台湾衛生福利部食品薬物管理署によると、友華生技、端強實業、佳格食品の3社を通じラクタリス社製粉ミルク「Milumel」、「Celi」など8品を輸入、すでに6万缶を出荷。同署は同日12時時点で3社に対し出荷先からの回収を命じており、期限内に回収できない場合は関連法令に則り3万〜300万元の罰金が科される。

フランスでは同社製品を原因とした子どもの病気が26件報告されているが、現在外国への出荷分からは見つかっていない。同署は、サルモネラ菌は自然界に存在するものであり、煮沸することで死滅するため十分な加熱を呼びかけている。

(12月13日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 歌手の詹雅雯が9月12日(土)に台北小巨蛋で開催したコンサートに、衛生福利部の陳時中部長がゲストで登…
  2. 中山医学大学付属病院の謝宗學・主任医師は9月14日(火)、自身のFacebookページに「政府は知育…
  3. 日本のくら寿司株式会社の子会社である「アジアくら寿司」が9月17日(木)、台湾証券市場「タイペイエク…
PAGE TOP