ネットカフェで遺体 硬直にスタッフ驚愕

台中市大里区のネットカフェで10月23日(火)、53歳の男性が店内で死亡しているのが見つかった。
 
同店スタッフによると同日午前10時半頃、男性が椅子に座ったまままったく動かないことに気がつき声をかけたが、すでに身体が硬直し呼吸をしていなかったという。驚いたスタッフはすぐに電話で通報、現場に駆け付けた消防員が男性の死亡を確認した。監視カメラの映像によると男性は21日(日)早朝5時過ぎに入店、2日間座ったままだったことがわかった。
 
親族の話によれば、男性は家を出て長く、主にネットカフェで過ごしていたという。妻はベトナム籍で、子どもを連れすでに台湾を離れている。
 
 
(10月23日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP