ネットカフェで遺体 硬直にスタッフ驚愕

台中市大里区のネットカフェで10月23日(火)、53歳の男性が店内で死亡しているのが見つかった。
 
同店スタッフによると同日午前10時半頃、男性が椅子に座ったまままったく動かないことに気がつき声をかけたが、すでに身体が硬直し呼吸をしていなかったという。驚いたスタッフはすぐに電話で通報、現場に駆け付けた消防員が男性の死亡を確認した。監視カメラの映像によると男性は21日(日)早朝5時過ぎに入店、2日間座ったままだったことがわかった。
 
親族の話によれば、男性は家を出て長く、主にネットカフェで過ごしていたという。妻はベトナム籍で、子どもを連れすでに台湾を離れている。
 
 
(10月23日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 彰化縣に住む男性が昨年5月、PV数を獲得するため個人宅に侵入し葬礼の儀式「送肉粽」を生中継した件で、…
  2. COVID-19の感染拡大による影響でスナックやキャバレーなど8業種が営業停止対象となった件で、5月…
  3. リンパマッサージで体質改善代謝の停滞、ダイエットに台湾で不規則・不健…
PAGE TOP