セブンイレブンが時短営業 商業エリア夜間収益見込めず

コンビニ「セブンイレブン」を運営する統一超商が、近く一部の店舗にて24時間営業を取り止めることがわかった。
総店舗数5300店のうち4700店がフランチャイズ。学校やオフィスビル内などに入居する400店は夜間閉店している。
同社総経理・黄瑞典氏は3月19日(火)、会見の席上で、商業圏など夜間の人通りが少ないエリアや、2店以上が隣接するエリアで24時間営業を取り止めることを許可したと話した。時短対象となる店舗は発表されていない。またフランチャイズ店への補助金を、毎月1万4000元から2万元に引き上げるという。
コンビニの時短に関しては、日本の大阪市にあるフランチャイズ店オーナーが、近頃人手不足から19時間の営業を行っていたことを受け、直営店10店にて実験的に5時~翌1時、6時~24時、7時~23時の3段階に営業時間を設定する方針が進められている。
(3月20日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  2. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
  3. 台湾政府が推し進めるクーポン「振興券」のネット予約が7月1日(水)、スタート。同日10時半までに予約…
PAGE TOP