セクハラ問題の映画監督 ベッドシーンに撮影5時間

撮影スタッフや女優へのセクハラ問題で糾弾されている台湾の映画監督・鈕承澤に関し、2007年の作品のプロデューサーの女性が新たな証言を公表した。
同作の助演女優・柯奐如は監督との全裸のベッドシーンを強要されたことを明かしているが、プロデューサーによると同シーンの撮影は5時間にも及んだという。しかし本編で使用されたのはわずか数分で、脚本にも全裸とは明記されておらず、撮影工程を疑問視する声明を発表している。
(1月7日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. コロナウイルスの影響で孤立状態にある武漢市への応援ムービー「讓世界充滿愛」が、ドイツの学生らによって…
  2. 台湾時間2月10日(月)9時からアメリカロサンゼルスで行われた「第92回アカデミー賞」受賞式で、過去…
  3. 近頃「マスクの次はトイレットペーパーが品薄になる」との噂が拡散し、トイレットペーパーの買い占めが起き…
PAGE TOP