セクハラ問題の映画監督 ベッドシーンに撮影5時間

撮影スタッフや女優へのセクハラ問題で糾弾されている台湾の映画監督・鈕承澤に関し、2007年の作品のプロデューサーの女性が新たな証言を公表した。
同作の助演女優・柯奐如は監督との全裸のベッドシーンを強要されたことを明かしているが、プロデューサーによると同シーンの撮影は5時間にも及んだという。しかし本編で使用されたのはわずか数分で、脚本にも全裸とは明記されておらず、撮影工程を疑問視する声明を発表している。
(1月7日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 飽きの来ない品揃え「松江南京」駅から徒歩5分、オフィスビルと美食店が林立する四平街に…
  2. 先週のニュース トップ51 師範大学生、渡航歴なしも感染発覚 13人隔離へ&nbsp…
  3. 台湾のベテラン女優・譚艾珍の娘が3月25日(水)、妊婦検診のため台湾に帰国することを事前にネット上で…
PAGE TOP