ゴミ収集車ドライバー 酒気帯びで処罰される

台北市大同区のゴミ収集車ドライバーが11月3日(土)、酒気帯び運転で検挙された件で、市環境保護局は同ドライバーを懲戒処分としたことを発表した。
報道によるとドライバーは35歳。同日早朝6時頃、大同区環河北路と敦煌路の交差点付近で検問を行っていた警察が収集車を停め近づいたところ、アルコール臭がしたため検査を実施し、ドライバーの酒気帯びが判明した。ドライバーは酒を使った料理を食べたと主張したが、認められなかった。
同局では収集車のドライバーには勤務前のアルコール検査を義務としているが、このドライバーは同日車両が壊れたため他署へ出向き車両を借用、その際検査を行わなかったという。

(11月5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 南投縣仁愛鄉法治村の武界溪ダムで9月13日(日)早朝4時頃、突然の放水により下流でキャンプをしていた…
  2. 料理を美味しく見せるには! ズバリ食器の色にも関係があります。特に和食では、一種類ずつ小皿に…
  3. 財政部関務署によると、今年の元旦から9月14日(月)までに押収した「メイド・イン台湾(MIT)」偽装…
PAGE TOP