コンサートに逃亡犯 来場者を顔認証で検挙

中国大陸でツアーを開催中の香港スター、ジャッキー・チュンのコンサート会場で、長年逃亡を続ける指名手配犯が続々摘発されている。
ジャッキー・チュンは2016年10月から中国、シンガポール、タイなどアジア圏のほかアメリカ、オーストラリアなどを巡るワールドツアーを展開。中国の警察当局ではAIを用いた監視カメラと公安当局のデータベースを連動させた顔認証システムで来場者を監視。昨年4月以降南昌、嘉興、金華、洛陽など10カ所でそれぞれ1人の逃亡犯を検挙、また9月には四川省の会場で10人、12月の蘇州会場では、22人の逃亡犯が検挙され、チュンは「逃亡犯にとってもやはりスター」と評されている。
(1月2日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの流行を受け国内外でマスクの供給が不足している中、台湾大学環境職業健康科学所・陳志…
  2. コロナウイルスの影響で孤立状態にある武漢市への応援ムービー「讓世界充滿愛」が、ドイツの学生らによって…
  3. 台湾時間2月10日(月)9時からアメリカロサンゼルスで行われた「第92回アカデミー賞」受賞式で、過去…
PAGE TOP