エレベーターで放尿 ドア開かずパニック

 
 
 中国の重慶市に住む少年が、近頃エレベーターのボタンに放尿したところ、エレベーターが故障しドアが開かず、パニックを起こしている映像がネット上で物議を醸している。
 
 この映像はエレベーター内の監視カメラによるもの。少年はエレベーター内に乗客がおらず、人の目がないと思い込み、乗り込むやいなやボタンに小便をかけた。その後目的階に到着したがドアが開かずボタンやエレベーター内の電気も点滅を繰り返し、少年がパニック状態になっている様子が映し出されている。視聴者らは「悪事は誰かが見ているもの」などとコメント。少年はその後無事に救出されたという。
 
 
(2月28日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  2. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターが3月19日(木)より外国人の入境を禁じたことを受け、桃園空港では同日早…
PAGE TOP