エバーCAにセクハラ 男死亡で全面不起訴へ

今年1月、LA発台北経由バンコク行きのエバー航空便の機内で、CAの女性にセクハラ行為をした米籍の男が、3月にタイで死亡していた件で、桃園地方検察署は11月19日(火)、男を不起訴とする方針を明らかにした。
検察は男の死亡証明書を受け取り、刑法の定める規定に則り不起訴処分としたことを説明。この件に関しCAらの告発を受け、労働検査処は同社に対し職安法違反で6万元の罰金を科している。
(11月19日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. スターラックス航空(星宇航空)は7月27日(月)、この夏に桃園発澎湖、金門、台東線のチャーター便を運…
  2. 桃園市中壢区にある公共プールで、7月25日(土)、男性が子どもの首をつかみ水の中に押し込む様子が目撃…
  3. マスクなど医療用品を製造・販売する「csd中衛」が、8月1日(土)より込めディズニーのアニメ映画「ア…
PAGE TOP