エバーCAにセクハラ 男死亡で全面不起訴へ

今年1月、LA発台北経由バンコク行きのエバー航空便の機内で、CAの女性にセクハラ行為をした米籍の男が、3月にタイで死亡していた件で、桃園地方検察署は11月19日(火)、男を不起訴とする方針を明らかにした。
検察は男の死亡証明書を受け取り、刑法の定める規定に則り不起訴処分としたことを説明。この件に関しCAらの告発を受け、労働検査処は同社に対し職安法違反で6万元の罰金を科している。
(11月19日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 中央流行感染症指揮センターは10月21日(水)の会見で、台湾から日本へ入国した3人に新型コロナウイル…
  2. セレブ気分が味わえるトータルビューティサロン台湾では体毛は気にしない…
  3. 死者18人を出した特急列車「普悠瑪號」6432便による脱線事故から丸2年となった10月21日(水)、…
PAGE TOP