イタチがゴミで窒息 不法投棄に批判集中

Facebook上のページ「爆廢公社」にて、11月12日(火)、山中の渓流で登山者が投げ捨てたゴミの瓶に顔を突っ込み死んでいるイタチの映像が投稿され、ゴミの投棄問題に言及するコメントが集中している。
撮影及び投稿した男性によると、沢遊びに出かけた際、浅瀬でゴマペーストの瓶に顔を入れた状態で死んでいるイタチを発見。瓶の底にはペーストが少量残っており、ゴミを漁ったイタチが抜けられなくなったまま窒息死したものとみられる。男性はイタチを引き上げ瓶を取り外したが、すでに息はなく、口から吐血していたという。
ネット上ではイタチを憐れむとともに瓶を投棄した行為に批判が集まっている。
(11月12日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP