わいせつ産科医 裁判で後悔の念

桃園市中壢区にある産婦人科医院の院長が、女性患者にわいせつ行為をしていた件で、4月23日(火)、桃園地方法院にて行われた罪状認否の準備裁判の席上で「非常に後悔している」と話していたことがわかった。
男は患者に対し、本来投与する麻酔薬量10ccに加えプラス3ccを過剰投与し、眠っている間に行為に及んでいた。今後は被害者に対し賠償と和解について話し合う予定。
(4月23日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 苗栗縣竹南鎮に住む女性が、近頃ネットでマスクを購入したところ、マスクではなく古紙や段ボールなどゴミが…
  2. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  3. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
PAGE TOP