わいせつ産科医 裁判で後悔の念

桃園市中壢区にある産婦人科医院の院長が、女性患者にわいせつ行為をしていた件で、4月23日(火)、桃園地方法院にて行われた罪状認否の準備裁判の席上で「非常に後悔している」と話していたことがわかった。
男は患者に対し、本来投与する麻酔薬量10ccに加えプラス3ccを過剰投与し、眠っている間に行為に及んでいた。今後は被害者に対し賠償と和解について話し合う予定。
(4月23日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  2. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
  3. 台湾政府が推し進めるクーポン「振興券」のネット予約が7月1日(水)、スタート。同日10時半までに予約…
PAGE TOP