3年間カップ麺でがん 若者にがん広がる

 

高雄市阮総合医院は近頃、若年層のがん罹患率が増加傾向にあることを発表した。

同医院では、ネットゲームに没頭し3年間インスタントラーメンを食べ続けた17歳の少年が、大腸がん末期であると診断。ほかにも16歳の少女が重度の便秘と貧血で来院し、大腸がん末期と診断された。

統計から若年層の飲食習慣や運動不足など、生活形態が影響していると警鐘を鳴らしている。

(4月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル「Tolta round the world」が10月末に制作した台湾を…
  2. 台北地方検察署は11月5日(火)、市警察局文山第一分局に勤める46歳の男を、恐喝及び詐欺罪で起訴…
  3. 南投縣の山間に本部を置くカルト教団「中華白陽四貴霊寶聖道会」が今年9月、教育と称し信者の集団虐待…
PAGE TOP