高円寺「素人の乱」活動家 著書翻訳版が台湾で出版

 

東京・高円寺でリサイクルショップ「素人の乱」を営む松本哉氏による著作「世界マヌケ反乱の手引書」の中国語訳版「大笨蛋造反指南」が台湾で出版され、4月22日(日)台北市内で出版記念講演が行われた。

松本氏は法政大学時代から学生生活の改善、学費値上げ反対、校舎改築反対、また2005年頃からサウンド・デモなど斬新な手法でムーブメントを起こしてきた人物。実力主義、結果主義の社会に異を唱え、新自由主義経済による格差を生む排他的な社会に批判されがちな若者らを、愛情を込めて“マヌケ”と呼ぶ。近年はアジア圏でムーブメントを起こすべく活動家らと交流を重ね、本書は韓国、中国でも翻訳版が出版された。

(4月22日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

分類

ピックアップ記事

  1. 昨年2月、新北市に住む18歳の男子が友人とともに17歳の少女に対し性的暴行を加えた件で、…
  2. 11月24日(土)の統一地方選を前に、中央選挙委員会は13日(火)、「公職人員選挙罷免法 第53…
  3. 中華圏では〝雙11〟と呼ばれる11月11日(日)を中心に毎年恒例のネットショップセールが行われ、中国…
PAGE TOP