飲食店ストロー提供禁止 2030年まで、環保處

 
 環境保護署は先日、プラスチック製品の使用制限に関する環境保護政策を拡大し、来年から2030年までに飲食業のプラスチックストローの提供を打ち切ることを発表した。
 
 台湾ではドリンクスタンドが普及しており、子の政策が実現すれば同業種及び消費者への影響は計り知れない。掲示板サイト「批踢踢(PTT)」では、「日本の方がプラスチックを多く使用している」、「日本に倣うべき」といった投稿が見られ、プラスチック製品の禁止=環境保護ではない、有償化しても消費者の支出が増えるだけ、また環境に配慮した素材なら問題ないなど議論を呼んでいる。
 
(2月24日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 炭火焼鳥とワインの店林森北路沿い、康楽公園前にひっそり佇む「東京田町・鳥心」は、備長炭でじっ…
  2. 台北市大同区のクレーンゲーム店にて、今年7月、1人の男性客が不正な手段で商品を獲得したとして訴えられ…
  3. 台南市で果物の砂糖漬け「蜜餞」売りを営む65歳の女性が、自身の身の上を詐称していたことがわかった。…
PAGE TOP