通り魔被害者の姉制作アニメ 国際アニメフェスノミネート

 

2016年3月、台北市内湖区で発生した通り魔事件の被害者少女の姉が、妹への思いを込めた短編アニメ作品「来不及説再見(もうさよならは言えない)」の制作に参加。今年10月に開幕する「台中国際動画影展」に出品したところ「国際短編部門」のノミネート作品に選ばれた。

事件当時、被害者の少女は4歳。5歳上の姉は妹が生まれる前、エコー写真で見た胎内の姿が光る電球のようだったことから〝小燈泡〟と呼び始めたこと、生まれてからの2人の思い出、事件が起きた日のこと、妹を失った家族のこと、1年を経た現在の心境などを口述。涙を堪え凛と語る声に、視聴者は賞賛と声援を送っている。

(8月2日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化して…
  2. 桃園市政府経済發展局は、一般家庭の新型家電買い替えに1台当たり最高で3000元の補助金を給付する…
  3. 近頃ネット上でエバー航空の客室乗務員がオランダで売春行為をしているとの噂が流布されている件で、桃…
PAGE TOP