行政代執行に反対の議員 警官の腕を噛み書類送検

屏東縣政府工務處が7月16日(月)、屏東火車駅南側の建築物撤去を実施。撤去に反対する同縣議員の女性が警察と揉み合いになり、議員が女性警官の腕に噛み付くという出来事があった。

駅南側の公勇路は拡張計画があり、縣政府は隣接する住居7戸を強制撤去する行政代執行を実施。同議員は現場に駆け付け、現場で警官らに取り押さえられた際、抵抗し噛み付いたという。議員も捻挫したほか、衣服を破かれるなどした。

同議員は公務執行妨害及び傷害で書類送検され、18日(水)、花を携えて同警察局へ出向き公開謝罪を行ったが受け入れられず、その場で泣き崩れた。

 

(7月18日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃の日本円の高騰を受け、日本好きの台湾人旅行者の間で〝旅行控え〟に走る声が挙がっている。…
  2. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  3. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
PAGE TOP