毎年恒例のランタンフェス 高雄ポケGOイベントに虚偽

旧正月から15日目の元宵節に当たる2月19日(火)、新北市平溪区にて毎年恒例の「ランタンフェスティバル(天燈節)」が開催され、今年の干支の「猪」をかたどったランタン「圓満猪」を囲み参加者が願いを書いたランタンを一斉に空に放った。
また台湾政府による「台湾灯会2019」は屏東縣で行われ、同日の開幕式ではフランスの水上劇団「ILOTOPIE」によるウォーターショーや原住民の歌と踊りのショーなどが会場を大いに盛り上げた。会期は3月3日(日)まで、スペインのサーカス団「VOALÁ」や韓国のノンバーバル「NANTA」など毎晩異なるテーマのショーが行われる。
一方、高雄市のランタンイベントの公式Facebookアカウントで、会場でゲーム「ポケモンGO」のレアモンスターが出現するなど虚偽の情報が発表され、ユーザーから批判の声が挙がった。
(2月19日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 今年4月、保育士による窒息死事件があった台北市の保育所「我們的連鎖托嬰中心」内湖分園が、近頃名称…
  2. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  3. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
PAGE TOP