台風進路予報大きく外れ 野菜の価格が急激に下落

 

9月9日(土)にフィリピン沖で発生した18号台風「タリム」の影響により、台湾では12日(火)から大雨など被害に見舞われた。

気象局は13日(水)時点で台東から上陸し、北部へ抜け中国へ移動するとの予報を発令。しかしながらこの台風は想定進路を大きく外れ、上陸に至らず日本列島方向へと進路を変更した。

一方、中南部の農家では台風進路の予報が外れたことで、想定された被害が消失、供給過多となり野菜類の平均価格は前日より23.6%下落。ブランド野菜の宜蘭三星葱は1日で50元も値を下げた。これに対し地元農民らは「天災が人災に変わった」として怒りを露わにしている。

13日(水)の野菜の取引量は2000トンと前日よりも179トン増加したが、平均取引額は1kg当たり44.5元と10.5元低かった。中でもキャベツや白菜の下落幅が大きく、それぞれ31.4元から18.8元、45.9元から25.7元と40~44%減。

なお宜蘭縣の私立中学2校を除き、残る台湾全域の学校・企業はすべて通常通りだった。

(9月14日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新北市中和区のドラッグストアに勤務する男性が、昨年2月、同社幹部の送信したLINEメッセージを読むの…
  2. 中秋節・国慶節の連休最終日となった10月10日(火)、交通部はラッシュ緩和を目的…
  3. 台南市西港区にある塗料・接着剤工場にて10月11日(水)正午頃火災が発生。消防車…
PAGE TOP