伝統芸能の製作者 隣人に騒音で賠償

桃園市に住む伝統芸能の美術製作者が、騒音で隣人に訴えられ、2月13日(水)裁判所は同男性に5万元の賠償を命じた。
男性は布袋戯や歌仔戯など伝統芸能の背景画を手掛ける。近年は斜陽産業となり、稼ぐために日夜を問わず製作に勤しんでいたところ、隣人が騒音で訴えた。男性のアトリエで音量を計測したところ、日中・夜間とも住宅地の基準を超える数値が検出された。
(2月13日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 地元新聞「聯合報」に、9月11日(水)、夫の不倫相手を糾弾する広告が掲載され、物議を醸している。…
  2. 総統選への出馬を表明している高雄市長の韓國瑜氏が9月8日(日)、新北市の大台北都会公園にてプロモ…
  3. 台湾内政部は9月11日(水)、最新の「簡易生命表」を公布。これによると、昨年の台湾における平均寿…
PAGE TOP