伝統芸能の製作者 隣人に騒音で賠償

桃園市に住む伝統芸能の美術製作者が、騒音で隣人に訴えられ、2月13日(水)裁判所は同男性に5万元の賠償を命じた。
男性は布袋戯や歌仔戯など伝統芸能の背景画を手掛ける。近年は斜陽産業となり、稼ぐために日夜を問わず製作に勤しんでいたところ、隣人が騒音で訴えた。男性のアトリエで音量を計測したところ、日中・夜間とも住宅地の基準を超える数値が検出された。
(2月13日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 気軽で安心! 無痛ヒゲ脱毛鬱陶しいヒゲとオサラバ僕は元々ヒゲが濃い方で、すごくコ…
  2. 1 台中母子殺人案、葬儀場に霊安所設置も訪問者なし 2 セクハラ疑惑の鈕…
  3. 桃園国際空港で11月2日(土)14時頃、ベラルーシ籍の男が滑走路に侵入、離陸準備中の機体に潜伏し…
PAGE TOP