シェアバイク200輌 環保局が回収し解体へ

基隆市環境保護局が3月4日(月)、シェアバイク「oBike」200輌の回収及び解体作業を行ったことがわかった。
oBikeはYouBikeと異なり、駐輪ポートを要せず貸出・返却のすべてをアプリで行う。2017年4月より台北市内にて利用をスタートし全域に普及したが、停車スペースの問題などから住民の不満が高まり、警察が介入するケースにも発展。18年10月に大量の自転車を引き上げ事実上撤退していた。
同局は路上に放置され破損・汚損し使用不可能な車両を「廃棄物」と見なし回収・解体を行ったと話している。
(3月4日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃の日本円の高騰を受け、日本好きの台湾人旅行者の間で〝旅行控え〟に走る声が挙がっている。…
  2. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  3. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
PAGE TOP