シェアバイク200輌 環保局が回収し解体へ

基隆市環境保護局が3月4日(月)、シェアバイク「oBike」200輌の回収及び解体作業を行ったことがわかった。
oBikeはYouBikeと異なり、駐輪ポートを要せず貸出・返却のすべてをアプリで行う。2017年4月より台北市内にて利用をスタートし全域に普及したが、停車スペースの問題などから住民の不満が高まり、警察が介入するケースにも発展。18年10月に大量の自転車を引き上げ事実上撤退していた。
同局は路上に放置され破損・汚損し使用不可能な車両を「廃棄物」と見なし回収・解体を行ったと話している。
(3月4日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市にある外国語教室にて一昨年、講師として勤めるアメリカ籍の女性が妊娠したことを理由に雇用契約…
  2. YouTubeチャンネル「Tolta round the world」が10月末に制作した台湾を…
  3. 台北地方検察署は11月5日(火)、市警察局文山第一分局に勤める46歳の男を、恐喝及び詐欺罪で起訴…
PAGE TOP