エレベーターで放尿 ドア開かずパニック

 
 
 中国の重慶市に住む少年が、近頃エレベーターのボタンに放尿したところ、エレベーターが故障しドアが開かず、パニックを起こしている映像がネット上で物議を醸している。
 
 この映像はエレベーター内の監視カメラによるもの。少年はエレベーター内に乗客がおらず、人の目がないと思い込み、乗り込むやいなやボタンに小便をかけた。その後目的階に到着したがドアが開かずボタンやエレベーター内の電気も点滅を繰り返し、少年がパニック状態になっている様子が映し出されている。視聴者らは「悪事は誰かが見ているもの」などとコメント。少年はその後無事に救出されたという。
 
 
(2月28日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  2. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
  3. 屏東縣警察局恆春分局は8月5日(月)夜、満州郷にて周辺一帯の民家に忍び込み食糧などの盗みを繰り返…
PAGE TOP