【トリビア~ン台湾】Vol.177 床屋さんのメニューにある「平頭」や「山本」とは…?


古めかしい床屋さんの前に「平頭」や「山本」などと書かれたメニューのようなものを見かけますが、あれは一体何なんでしょうか。

最近の「ヘアサロン」や「バーバー」ではなく、古き良き「理髪店」ですね。「平頭」や「山本頭」は80年代頃に流行したヘアスタイルのことなんですよ。

<解説>

 台北市内は少なくなりましたが、街外れの理髪店にはよく見られますね。「山本頭」とは、その昔日本の連合艦隊司令長官を務めた山本五十六の髪型のこと。山本譲二との説もありますが、実際は同じ山本でも「五十六」が正解です。1cm以下に刈り込んで、額をM字型に整えるのがポイント。また「平頭/日本平頭」はスポーツ刈り、坊主頭のことだそう。ほかにも「方平頭」=角刈り、「背広頭」=七三分け、「飛機頭」=リーゼントなどありますので、ぜひトライしてみてください。

トサカのようなモヒカン「山鶏頭」も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 気温が36度を超える猛暑日が続き、卵用鶏が熱中症により大量に死亡する事態が発生している。…
  2. 台北市信義区の幼稚園で昨年8月、教員の男による児童への猥褻行為が発覚した件で、家族からの通報により少…
  3. 台北市のMRT中山駅から雙連駅に跨る商業エリアで、近頃、飲食店など約100店が「土地使用条例」に違反…
PAGE TOP