【今週もゴチになります】 樂晴時尚酒吧鍋物(ラーチンシーシャンジウバーグオウー )—火鍋・BAR—

鍋とお酒をオシャレに

朝から夜まで地元民や仕事帰りの人々で賑わう晴光市場・雙城街エリア近くの火鍋&BAR「樂晴」。具材はもちろん、スープの出汁や浸けだれまでこだわりの鍋料理とカクテルのコラボが魅力のムーディーなお店だ。

鍋のスープは、日高昆布と鰹節の合わせ出汁に、十種類以上の野菜とサトウキビを煮込んだ「日高昆布鍋」をはじめ、トマトを生の状態から煮込んだ「トマト鍋」(+85元)、酸味と辛味が後を引くタイ式「酸辣鍋」(+150元)など、全8種からチョイスできる。特筆すべきは、国産地鶏と野菜を白濁するまで5時間以上煮込んだ「鶏白湯」(+180元)。コクがありコラーゲンたっぷりの濃厚な味わいが人気だ。カクテルを合わせるなら、メロンリキュールとレモンベースでさっぱりとした飲み口の「緑野仙蹤」(200元)を。

涼しい店内でアツアツ鍋

具材のイチオシは「600天穀飼M9」という、穀物にチョコレートを混ぜた飼料で600日間育てたオーストラリアビーフ。M9は日本のA5クラスと同等の品質で、牛肉特有の臭みがなく、ナッツのような香りと甘みを特徴としている。

まずはローズソルトでその味わいを堪能。その後はレモンとネギがたっぷり入った特製ダレでどうぞ。和牛も一緒に楽しむなら「600天穀飼M9+和牛腿」(580元/7oz)、2種類の肉に野菜、麺orご飯、ドリンクも付く。また、一頭当たり1kgしか取れない希少部位「極品PRS級和牛ツラミ」(350元)も同店ならでは。

今回サービスの「牛カルビ」、「豚肩ロース」、「白海老」はいずれも人気のメニュー。盛夏の候、クーラーの効いた店内でキンキンに冷えた「ハイネケン飲み放題」(399元/2時間)とともに鍋をつつく。これこそが台湾流の夏の過ごし方だ。

 

 

Info

住所 

中山区雙城街23巷3号1F

TEL 

02-2596-0598

営業時間

11時半~14時、17時半~22時(ラストオーダー13時半、21時、火曜休み)

席数 

33席

予算 

ランチ169元~、ディナ―380元~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 嘉義市内のドリンク店で、オーダーがキャンセルされた紅茶200杯を、近隣の店舗らが協力し完売するという…
  2. 歌手の詹雅雯が9月12日(土)に台北小巨蛋で開催したコンサートに、衛生福利部の陳時中部長がゲストで登…
  3. 中山医学大学付属病院の謝宗學・主任医師は9月14日(火)、自身のFacebookページに「政府は知育…
PAGE TOP