兄の死後、同性婚発覚 家族がパートナー非認

末期の肝臓がんで兄を亡くした人物が11月20日(月)、兄に同性婚の相手がいたにも関わらず、家族がその存在と遺産の相続を認めずにいることをネット掲示板に投稿し、注目を集めている。

投稿主によると兄は44歳で11月初めに亡くなった。死後、家族で兄の財産などを整理していた際、同性婚が合法化された2018年5月、兄が男性と同性婚を届け出ていたことがわかった。
しかし家族らは相手の男性に偏見を持ち、また今年報道された「5億元目当ての偽装結婚事件」を引き合いに男性の相続権を認めず、また連絡も断っているという。
コメント欄には投稿者への激励が溢れている。
(11月22日)

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市松山区のサウナ施設で5月13日(月)、男性客がマッサージ師の女から性行為を強要されたとして警察…
  2. 旧ソ連に創られた美しい風景「ソヴィエト・バス・ストップス」監:クリストファー・ハーウィグ中国語…
  3. 台中市にある工業用プラスチック関連の企業が週休3日制を導入し、注目を集めている。 同社は…
PAGE TOP