大麻成分入りのグミで不調 日本を旅行中の台湾人も被害

近頃、日本で大麻に類似した成分を含む「グミ」が販売され、食べた人が嘔吐やけいれん、昏睡などの症状を発している。台湾日本関係協会は11月21日(火)、定例会見の席上で、日本を旅行中の台湾人にも同品を食べ、不調を訴えている人がいることを明らかにした。

@聯合報

同品は大阪の食品会社が今年4月より製造販売しているもので、摂取すると大麻を吸引した時と同様に興奮、リラックス効果が得られるとして、日本では若者を中心に一部で流行。同協会の范振國・秘書長によると、同品のパッケージ上に書かれた「HHCH」とは大麻に似た合成化合物の名称で、日本ではまだ禁止薬物に指定されていないが、今回の件を受け早ければ12月初めにも所持、摂取、販売が全面禁止される見込みだという。范秘書長は日本への旅行者に対し、HHCHを含む菓子や食品を購入・摂取しないよう注意を呼び掛けている。
(11月21日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ネットインフルエンサーの「晚安小鶏」ほか1名がカンボジアで犯罪被害の自作自演動画を撮影し拡散させた件…
  2. 問台湾のカフェを巡るのが大好きなのですが、コーヒーを漢字で書くと日本では「珈琲」、台湾では「咖啡」…
  3. 昨年8月、新竹市に住む男宛てに、タイから大麻の苗が郵便で届いた件で、新竹地方法院はこの度、第二級麻薬…
PAGE TOP