村長選 わずか2票差で敗退 基準満たさず再検票は不可

花蓮縣豐濱鄉の村長選に出馬した陳杰敏氏が、わずか2票の僅差で他候補に負けたことを受け再検票を求めた件で、縣選挙管理委員会は「1000分の3票差以内の場合のみ再検票を行う」との規定条件を満たさないとして、陳氏の要求を退けた。

豐濱鄉は県内でもっとも人口が少なく、10月の統計では4327人。規定では1000分の3票差以内であれば再確認可能とされるが、候補3人の得票数は547票。1000分の3票=1.6のため、2票差ではこの条件を満たさないとして投票の再検査は不可となった。
(12月1日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ネットインフルエンサーの「晚安小鶏」ほか1名がカンボジアで犯罪被害の自作自演動画を撮影し拡散させた件…
  2. 問台湾のカフェを巡るのが大好きなのですが、コーヒーを漢字で書くと日本では「珈琲」、台湾では「咖啡」…
  3. 昨年8月、新竹市に住む男宛てに、タイから大麻の苗が郵便で届いた件で、新竹地方法院はこの度、第二級麻薬…
PAGE TOP