入境者の隔離3日間に短縮 観光客受け入れ「9月にも」

台湾政府が海外からの入境者に対し義務付けている隔離期間が、6月15日(水)より3日間に短縮された。また隔離期間満了後に4日間の自主防疫(健康管理)期間を設定し、1週間当たりの入境者数は2万5000人までとされた。

隔離は同一日に入境した家族や親族、同居者のみ空間の共有が可能。自主防疫期間は不急の外出を避け、外出は2日以内のスクリーニング(抗原簡易)検査キットでの陰性判定が必須とされる。

なお、従来のオミクロン株よりも高リスクの変異型BA.4、BA.5の流入増が懸念されるが、同センターは入境者の搭乗前2日以内のPCR陰性証明と、到着時のPCR検査が防疫策として有効としている。また観光客の受け入れについて、陳時中・指揮官は「9月にも開放する」と初めて具体的な見通しを公表。交通部の王國材・部長は「準備はできている」と国境開放に前向きな姿勢を示した。

(6月15日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市信義区の幼稚園で昨年8月、教員の男による児童への猥褻行為が発覚したものの「児童・少年福利権益保…
  2. ドリンクチェーン「可不可熟成紅茶」新竹關埔店で7月14日(日)夜、閉店間際にデリバリーのオーダーが入…
  3. 芸術劇団「玩勮工廠(Toy Factory)」が9月7日(土)~29日(日)、ミュージカル「百舌(M…
PAGE TOP